新教材のご紹介

思考力教材

学研教室の小学教材は

◆基本教材【算数・国語・英語】

◆発展教材【算数・国語(読解・言葉・表現)】

◆定着教材【算数】

◆補助教材【国語(ひらがな・かたかな・ローマ字)】

◆活用教材【国語】

といったラインナップとなっていますが、ここに新たに算数の思考力教材が追加されました。

昨年度の学習指導要領改定において、単純に知識や技能を身につけるだけではなく、思考力・判断力・表現力といった力や、学びに向かう力も育てましょうという指針が打ち立てられました。

公立中学校の入試問題などでは既に、算数・国語といった教科の試験ではなく、適性検査という名称に変わり教科間の枠を超えた総合的な思考力・判断力・表現力を求められる形式に変わっています。

今後は公立中学だけでなく公立高校や大学入試でも、英語の長文中に表や図形を読み取る数学の問題が入っていたり、国語の文章に理科・社会の知識を必要とする問題が入っていたり、自分の考えを論理的に正しく表現する問題があったり…

大人になってから求められる力を小学生、中学生のうちから試されるように変わっていくことが予測されます。

学研教室でも『明日の学力診断』という教科の枠にとらわれない、思考力・判断力・表現力を測る学力テストが2018年より導入されています。

そこで得られた子どもたちの学習実績をもとに思考力を伸ばす教材をと考えられて作られたのが今回の思考力教材になります。

4級乗り換え問題

単純な計算問題ではなく、いろいろなパターンを考察しなければならないため基本教材よりもはるかに難易度が高くなっていますが、余力のある子にはぜひ取り組んでもらいたい面白い教材になっています。

適性検査型の中学入試対策としても入門として早いうちから取り組んでおくと、「何!?こんな問題見たことない!」と戸惑うこともないでしょう。

嬉しいことに追加の教材費なしで、どの会員様もこの教材に取り組むことができます。

さらに夏休みのプラスワン学習

思考力教材とは別に夏休み期間中には『思考力特訓講座』を実施しております。

全4日で1回の学習時間は40~60分、会員様限定の追加講習となります。

こちらは講座専用の教材を使用して、1日目は国語の系統、2日目・3日目は算数の系統、最終日に総合演習に取り組み考える力を総合的に養う形で行います。

子どもたちも普段とは違った問題に取り組むことができ、反応が良い人気の講座となっています。

『考える夏』を始めてみませんか?

身につけた力を確認する

11月初旬には『明日の学力診断2021~秋~』が実施されます。夏に考える力をしっかり身につけて応用力が試される問題に挑戦してみましょう。

対象:小学1年生~中学2年生

申し込み締切り:9月28日(火)

受験費用:2,850円(税込み)

日程:10月30日(土)~11月14日(日)予定

会員外の受験も可能です。詳しくは教室までお問い合わせください。