本年最後の教室学習日でしたが・・・

小学生の感染者が再び報告されたことを受け、新型コロナウィルス感染対策として本日は教室学習はお休みして家庭学習での対応となりました。

この調子だと年が明けて学校が始まっても、どうなることかわからないですね。

とにかく今年はコロナに振り回される1年となりました。

春の休校期間中には、とにかく子どもたちの学習を止めてはいけないとの思いで対応してきました。

このような状況でも、子どもたちはそれぞれの学びを進めていくことができたのは、学研教室の指導法ならではと強みを感じる一年でもありました。

自学自習で力をつけた会員たち

学研教室では指導者が教えるという機会はそれほど多くありません。

子どもたちは「囲み」と呼ばれる説明を自力で読み理解しながら学習を進めていきます。

学校で習ってないことでも「自分の力だけでできるようになった」という経験が自己肯定感を高め学習意欲をさらに高めていきます。

また、1つのテーマ、1枚のプリントの中でも少しずつ難易度が上がっていくように教材が作られているため、子どもたちは大きなつまずきを感じにくく少しずつレベルアップしていくことができるのです。

このため休校期間で学校での授業が止まっても、会員の子どもたちはしっかりと自分の学習を進めることができました。

自宅学習だけではできない部分をどうするか・・・

そこがクリアできたら『おうちが学研教室』も夢ではないなと思いながら、あれこれ考えるのも楽しい年越しになりそうです。