勉強が好きになる特効薬

どんな言葉よりも効果絶大!

勉強しなさいと口うるさく言わなくても

子どもたちが自分から勉強してくれたらどんなに楽でしょう・・・

そんな願望を叶える、効き目抜群の方法とは?

それは、、、、

『親が勉強している姿を子供に見せること。』 です!!

子供は大好きな両親がやっていることを無意識のうちに真似しようとします。

しかも楽しそうにやっていると、子供は親が何をしているのか気になって気になってしょうがありません。

算数・国語など教科の学習でなくても

資格や仕事に関する勉強、料理や趣味の勉強でも良いのです。

子どもになってほしい姿をまず親が示してあげること。

とくに幼児や小学校の低学年の子にはとっても効果があります。

子どもにこれをやってほしいな、と思うものがあれば

まず子どもの前で親が楽しそうにやってみましょう。

実例紹介

というわけで、、

文字を書くのが面倒くさいと言い始めた私の子供のために

「私が」

書き取りのプリントを始めました。

先生も学習

最初はちらっと見るだけで、「私はやらないよ」という表情でしたが、

お構いなしに続けること1週間・・・

「私も漢字のプリントしたい!」

「パパがやってるのやってもいい?」

「あー疲れる!でもいっぱい覚えるから♪」

と、面倒くさがる様子が全くなくなりました。

大成功です♪

ドリルや書き取り帳を買ってあげたのにやってくれないときは

子どもからそれを取り上げて親がやってみてください。

すぐに良い反応があると思いますよ

もうひとつ見せてあげたい親の姿

それは、、、

真剣に《充実した顔》で仕事をしている姿です

たとえ、仕事姿を見せられなくても・・・

◆うちに帰ってきて仕事の愚痴を言わない

◆仕事で疲れてても子供の相手をする

子供と遊ぶ親

この2つを子供の前で示してあげましょう。

そうすれば、仕事に対して

「面倒だ」、「疲れる」、「楽しそうじゃない」

といったマイナスのイメージを持つこともないし

昨今、話題の「子供部屋おじさん」なんて生まれないはずです。

子供の未来のために!

輝く親の姿をみせてあげたい!

そんなことを思いながら私も子育てしてます。